話す・聞く機能の専門家|セラピストの資格を取って好きを仕事にしよう

セラピストの資格を取って好きを仕事にしよう

レディ

話す・聞く機能の専門家

相談

意思疎通の難しい人を支援

言葉を使って意思表示を行うのは、コミュニケーションの中でも最も基本的なことがらに属します。しかし、中にはそれが思い通りに行かない人がいます。それは吃音のように心理的な要因であったり、失語症のように脳の器質的障害によるものであったりと、背景はさまざまです。また、聴覚障害によって言葉を受け取る能力が十分でない人もいます。こうした人たちに対しては、機能回復訓練を行ったり、問題を抱えながら生活していくための支援を行ったりする必要があります。このようなサポートを専門に行う職種を、言語聴覚士といいます。言語聴覚士は、1997年に制定された比較的新しい国家資格です。資格を保有していれば、貴重な専門家として各方面から引き合いがあります。

活躍の場は多岐にわたる

言語聴覚士の資格を得るには、毎年1回実施される国家試験に合格する必要があります。受験資格は高等学校卒業後に国が指定する大学または3年制の短期大学、都道府県知事が指定する3年制または4年制の専修学校で学び、必要な単位を修得すれば得られます。また、一般の4年制大学を卒業後、専修学校または大学・大学院の専攻科で2年間学ぶことでも受験資格が得られます。指定学校は全国に70校あまり存在します。言語聴覚士の主な就職先は病院の耳鼻咽喉科や口腔外科などが中心となりますが、市区町村の福祉担当部門でアドバイザー的な仕事に携わっている人もいます。また最近では介護老人保健施設、児童養護施設などからの求人も増加しています。